<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< DEATH NOTE | main | 噂 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | -
どちらかが彼女を殺した
どちらかが彼女を殺した
どちらかが彼女を殺した
東野 圭吾

☆☆☆☆★

おもしろいです。
だんだんと物語にぐいぐい引き込まれていきます。
ただ、私、犯人よくわかりませんでした。
楽しく読み終えましたけど、犯人わかりません。
むしろ自殺でいいじゃん、みたいな。あはは。
ミステリー好きっての取り消さないとダメかしら。
ま、気になるっちゃ気になるけどどっちが殺しててもどうでもいいですわ。
死んでしまったことには変わりないわけだし。
さっき検索してみたら犯人はこっちだ!って書いてあったけど、特になるほどともおもわず。。
確かに『絶叫』と『悲鳴』の違いで犯人はこっちか?とは思ったけども、微妙に決め手に欠けるっつーか。
興味のある方は是非読んで考えてみてください。
ほん | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | -
スポンサーサイト
- | permalink | - | - | -
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nurarihyon.jugem.jp/trackback/160
この記事に対するトラックバック